• tefutefu therapy

feet are too hot to sleep?

Do your feet too hot to sleep and take them out from the duvet?


However it is not just a your body constitution, it maybe that the body is cold, or the temperature control is not done well. This cold is called Hie(冷え) in Oriental medicine.

The human body tries to lower their body temperature at the centre of the body when sleeping and try to escape heat from the body by dilating blood vessels and improving blood flow.

It is for the reason that limbs feel warmly before sleeping.

If the muscles of the calves are weakening, the force to push the blood back to heart weakens and this heat radiation will not be done well. When I touched their calves are cold in many case.


It is thought that there is a high possibility that the circulation of the legs at the distal end is stagnant

and the heat is restrained.

Feet muscle fatigue are also one cause, example standing for a long time, after hard sports.

Massage is improve blood flow. In fact clients calves are warmer after treatment and

feet are cooler.



足の裏が暑い? 

足の裏が暑くて、布団から足の先だけ出して眠ったりしていませんか?

それは単なる体質ではなくて、身体が冷えていたり、体温調節がうまく出来ていない状態になっているかもしれません。

眠るとき、人の身体は、体内の温度を下げようとします。血流を良くして、熱を身体の外へ出そうと

するのです。 そして、末端である手足から熱を放出しようとします。

赤ちゃんや子供が眠たくなると手足が温かくなるのはそのためです。

でもふくらはぎの筋力が衰えていると、血液を心臓へ押し戻す力が弱ります。

ふくらはぎの筋肉はポンプの役目をしているからです。

そして、熱の放出がうまくできなくなってしまします。

そのため、足の裏に熱がこもってしまい、足の裏が暑く感じます。

そんなとき、ふくらはぎを触ると冷たい人が多いですよ。

でも、筋力があっても、立ちっぱなしの仕事をしていたりして、筋肉疲労があるときなども

暑さを感じることがあります。